本文へ移動する

メニューへ移動する

サブメニューへ移動する



ここから本文です。

事業内容

メンテナンス<予知保全>

設備の故障または劣化のメカニズムを調査するとともに、運転中の状況下で不具合状態を判断して、その状態に応じて保全を行っています。

回転機器温度測定管理

回転機器を定期的に温度測定。
軸受温度を測定することで異常発熱より設備の不具合を診断します。

軸受温度上昇は、潤滑不良・かじり・焼付などが考えられ、機械故障やトラブルが発生する恐れがあるので、定期的に軸受の温度を測定し、傾向管理を行うことにより設備の不具合を未然に防止し、故障トラブルの早期発見を行っています。

回転機器簡易振動測定管理

ペンシル型マシンチェッカーにより、回転機器を定期的に振動測定。
回転機械の振動値には大きく分けて振動変位・振動速度・振動加速度があります。

簡易診断により機械から発生する振動(変位・速度・加速度)3点の振動の大きさを測定し、循環ファンの取付ボルトの緩み・アンバランス・ミスアライメントなどの不具合状態を推測し、修理作業を実施しています。

ページの先頭へ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 東亜ビル
tel 03-5776-1951

Copyright (c) 2012 Toa Industries ,Ltd. All rights reserved.