本文へ移動する

メニューへ移動する

サブメニューへ移動する



ここから本文です。

採用情報

OBメッセージ<吉岡 泰典(設計)>

プラントは巨大な機械。自分の専門性を活かし、プロの設計者として会社をリードする存在になりたい。

吉岡 泰典 設計部/2009年入社/工学部機械システム工学科卒 設計

学んできた機械系の知識に加え、新しい知識も吸収していく。

皆さんは“プラント建設”という言葉を聞いて、どんなイメージを持ちますか。建築系の人材だけが求められる分野だと思っていませんか。実は機械システム工学科で学んでいた私も同じで、自分には関係ないと思っていました。
ところが、就職活動に際して「何かものをつくる仕事がしたい」と思い、研究室の先生に相談したところ、紹介してもらったのが東亜工業だったのです。正直、最初は自分には向いていないと思い、ピンときませんでした。しかし「プラントは大きな機械なんだよ」という先生の説明を聞き、自分でも調べてみたところ、プラントとは、建築系もさることながら機械のスペシャリストも大いに活躍できる分野だということがわかってきたのです。私は熱力学や流体力学、機械力学を学んでおり、それらの専門知識もプラントの分野で十分に発揮できるというわけです。それに加えて、化学系など他の領域の知識も新たに学んでいかなくてはならず、自分にとって新しい挑戦にもつながります。「機械の知識なら誰にも負けない」という自信を持っていたこともあり、ここなら自分の力を存分に活かすことができると思い、入社を決めました。
会社の規模が大きすぎず、社員どうしの距離が近くて人間関係が良さそうだという点も、大きなポイントでした。また、教育研修に力を入れており、社員一人ひとりを大切にする社風にも強く惹かれました。

常にパーフェクトが求められる世界。その奥の深さが、大きな魅力だ。

入社1年目の現在、配管設計の技術者を目指すべく、外部の大手エンジニアリング会社で研修の日々を送っています。午前中は配管図面の描き方などを座学で学び、午後は先輩社員の業務をサポートしながら具体的な業務知識を教わっています。
配管は単にパイプをつなぐだけと思っていたのですが、実際に設計に携わってみると、その奥の深さに驚きました。特にレイアウトは難しく、液体あり、気体あり、配管材料や機器の多さなどに何度も頭がパニックになりました。突き詰めれば突き詰めるほど、面白さがわかってくる、そんな世界です。
プラント建設において、設計図はすべての業務の出発点です。そこに何らかのミスがあれば、後々の作業にも大きな影響を与えてしまいます。ですから、求められるのは常にパーフェクトであること。絶対にミスはしないようにと、自分に言い聞かせています。現在は技術士補の資格を持っているので、いずれは技術士の資格を取得し、一日も早くプロの設計者として活躍したいと思います。そして、いずれは技術力で東亜工業を引っ張っていくような存在になりたいと考えています。

他のOBメッセージもチェック!

ページの先頭へ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 東亜ビル
tel 03-5776-1951

Copyright (c) 2012 Toa Industries ,Ltd. All rights reserved.