本文へ移動する

メニューへ移動する

サブメニューへ移動する



ここから本文です。

採用情報

OBメッセージ<高橋 一登(工事)>

様々な課題に柔軟に対応することで、工事がスムーズに進むよう、完璧な段取りを組んでいく。

高橋 一登 中条事業所工事部/2006年入社/工学部機械制御システム工学科卒 工事

自由で闊達な社風に惹かれて、入社を決意。

もともとモノづくりが好きでした。就職活動でも、モノづくりの最前線で活躍できそうな会社を中心に、そこで活躍する自分の姿をイメージしながら企業研究を進めていたのです。そんなときに見つけたのが、東亜工業の人材募集パンフレット。そこに掲載されている写真を見たら、プラント建設の現場でイキイキと働いている社員の皆さんの姿がとても印象的でした。そして文章には「自由で闊達な社風です」のフレーズが。こんな職場なら私も自分らしく伸び伸びと働くことができるのではないかと思ったのです。
また、様々な資格を持っている社員が多いということにも惹かれました。私も先輩を見習って資格にチャレンジしたいと思ったのです。実際にこれまでに、消防設備士(甲種1類)を取得することができました。
入社後は1ヵ月の研修を経て、岡山事業所、鹿島事業所を経験し、現在は中条事業所に配属されています。募集パンフレットに書いてあった通りの自由闊達な社風で、職場の雰囲気はよく、風通しの良さも自慢です。とても居心地がいいですよ。

厳しさを乗り越えたところにある達成感。それが、やりがいにつながる。

どんな仕事も「段取り八分、現場二分」と言われます。つまり事前の段取りの良否が、その仕事の8割を決定してしまうということです。それほど段取りとは重要で、実際に工事に入るまでにどう準備するかが工事の進行具合を左右してしまうのです。私のメインの担当は、この「段取り」。
お客様から工事の依頼が来たら見積書を作成し、工事を受注できたら実行予算や作業工程を作成し、実行に移していきます。
工事には、同じ条件のものは一つとしてありませんから、常に頭を働かせ、臨機応変に対応していくことが必要です。柔軟に、最良の道を探っていくことを心がけています。実際に現場作業がスタートすれば、お客様と密接にコミュニケーションをとり、遅滞なく進んでいくように対応しなければなりません。安全に、かつ期間内に仕上げていくために、常に現場にはきめ細かなサポートを心がけています。 今でも思い出すのが、入社間もない頃に現場管理を任されたことです。施工期間が短く、作業員も少人数で、工期に間に合わせるのに大変苦労しました。完了したとき、上司に「よくやった」とねぎらいの言葉をかけてもらったのですが、その瞬間、つらさも吹き飛んで号泣してしまいました。こんなにもやりがいのある仕事だと、本当にうれしかったのです。私たちの仕事は決して簡単ではありませんが、それだけに大きな達成感、喜びも得られます。ぜひ皆さんも一緒にこのやりがいある仕事に挑戦してみませんか。

他のOBメッセージもチェック!

ページの先頭へ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 東亜ビル
tel 03-5776-1951

Copyright (c) 2012 Toa Industries ,Ltd. All rights reserved.